学校で起きたことやサッカークラブなどでの出来事を書いていきます!!



義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして



プロフィール

takuGK

Author:takuGK
おいらの名前は拓
サッカーと勉強に励む中学3年生です^^
音楽・スポーツなんでも大好きです。一様ゴールキーパーをやっています。
    これからよろしく!!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



Jリーグプレイリスト(浦和レッズ)



Jリーグ順位表



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ぶろぐ変わりました!!
http://amebo.jp/takugk21/よかったらこっちにも顔出して下さいね!!
スポンサーサイト

こんばんは(。・ω・)ノ゙




ちゅっと今日はマジメな事話します(・∀・)/

まずこういうの苦手って言う人もいると思うのでそういう人は

「~僕たちにできること~」から読んでください(。-人-。)




まず状況だけ頭に入れておいてください!!おいらのお友達が宮城県に居て今回の東日本大震災にもあった人の1人です。これはその子と学校で調べた総合学習を元に今回の大震災を「忘れないため」に載せます。皆さんも中3の目線で見てください。




~きっかけ~

今回皆さんも知っての通り3月11日に地震が起きてからおよそ9カ月が経ちました。

しかし、今もなお被災者は地震のことをわすれたわけではないでしょう。被災者の心に深く刻まれる事となった今回の大震災。被災者は何を思い・何を見て・何を感じたのか!?




~全ての始まり~

3月11日14時46分18秒地震発生。この地震の規模はM9.0。宮城県三陸沖約130㌔の地点で発生した。この地震は長周期地震と言って、広範囲に揺れを齎すものだった。地震が発生してから全国の揺れがおさまるまでに6分弱の時間がかかったこともわかっている。これが後に大きな被害を及ぼすことになる大津波を引き起こす1つの鍵になっていた。




~津波~

今回の津波は南北500㌔と縦長だった。なので東に突き出ている街ほど到達が速いのだ。初めの津波が観測されたのは地震から20分以上が経過していた。しかもわずか20cmという小さいものだった。これが避難の判断を遅らせた。その1分後、街の中心部を流れる川の水位が急激に下がっていた。これが大津波の静かな予兆だった。15時15分第2波到達。今回仙台湾内の多くの平野部でも津波は10mを超えていた。リアス式海岸では湾の中心部に津波が集中して水位が高くなる。このメカニズムが平野部を直撃した。津波は水深が浅い場所で速度が遅くなるのだ。仙台湾内で減速した波に速度の速い津波が追いつきさらにでかい津波となるのだった。津波の被害は地震発生から2時間近く経っても広がり続けた。しかし地元メディアも被災したため東京にこの情報が伝わったのは津波襲来から5時間後のことだった。




~この国で起きている事・この国が思った事~

そのころ東京では誰も経験したことのない夜が訪れようとしていました。鉄道・道路・交通マヒ。東京の帰宅困難者数は200万~300万人。この夜に事を多くの人がブログ・掲示板に掲載していた。

32歳男性

「行き場もなく路上にあふれる人・人・人・・・。」

50歳男性

「家内を不安に思いながらも近くにいた人に話しかけて毛布を分け合い寒い夜を超す。」

被災地

23歳男性

「もう日本沈没なのかとも頭によぎりました。」

30歳女性

「雪が降る夜はなぜか静かです・・・。あのときの雪と暗闇と、、、何とも言えない不安感は忘れません。」

18歳女性

「地震の夜、仙台は満天の星空でした。なんでこんな日にっとあの時は思ったけど街中の明かりが全て消えたからこそ見えた星空。いつもは見えてないだけで空にはあの星が輝いているんですね。」




3月12日

眠れない一夜が明けて見えてきた現実。次々と生存者が救出される。その人々から語られたのは生と死の狭間で見た壮絶な光景。救出のさなか余震が断続的に続いた。前日からの大津波警報は出されたままだった。近くの学校では避難してきた人達が恐怖にさらされていた。余震が起きるたびに救助活動は中断。思うように進まない。一方逃げ遅れた人々の亡骸も発見されていった。あまりにも甚大すぎる被害だった。




3月13日

死者・行方不明者1300人あまり。後に2万を超える被害者の10分の1も明らかにはなっていなかった。被災者が家族の安否を確認するためTVや衛星電話には長い列ができた。また多くの避難所が孤立していた。その一つが南三陸町にあった。人口1万7000人の街が壊滅。このとき1万人と安否が取れなかった。助かった人々が歩き始めた。やっと津波警報が注意報に切り替わったのだ。安全な場所・食料を求めて被災現場を脱出していた。この日、唯一残った石巻赤十字病院には1200人を超える救急患者が運ばれた。1000年に1度と言われる巨大地震と大津波に襲われた日本。死者は2万人余り。しかし、その何倍もの人が家族・友達・家を失った

それでも人々は生きた!!




~僕たちにできること~

僕たちにはこの地震・津波で肉親・友達・家・職などを失った被災者に何ができるのか?津波などの対策をするのは政府、原子力発電所は東電。では何をするのか?物などを送るのも一つの手であろう。でも私たちには少し現実から離れている。ガレキの撤去のボランティアに行くのも無理だろう。皆さんは募金が一番身近と答える人も少なくないと思う。でも私はもっと簡単でやらなければならない事があると思う。それは「この東日本大震災を忘れないこと」亡くなった人のため、今も戦っている被災者のために、今私らみたいな子供にできるのは、いや、しなければならないのは忘れない事だと思っている。




~「ギム」と「サダメ」~

私たちはこれからの日本を元気にしていく義務がある。今回の地震はある意味大切な事を教えてくれたのかもしれない。どうしようもない悲しみ・憎しみを受け止めて次の世代に伝える。これが亡くなった人々への弔いであり、今生きている私たちのもう一つの義務であると思う。ある被災者がこうブログに綴っていた。「計り知れないリアルな光景を目にし、忘れたくて目を閉じても鮮烈な光景が浮かんでくる。愛するもの全てが一瞬にして失われ、憎しみに変わった。愛する自然に裏切られた。しかし、それは、ここ日本に住む私たちのサダメなのかもしれませんね。」私はこの記事を読んで熱く胸が痛かった。被災者は今回の地震を受け入れていたのだ。被災者は強かった。その証拠に今も復興の工事がものすごい速さで進められている。この事を世の中は忘れていくけれどせめて私たちだけは覚えていてあげよう。そしてこの地震を知らない世代にも伝えていくのだ。これから同じようなことが起きても被害が最小限ですむように。人は人の知恵を活かすことができるのだから・・・。そして、日本は多くの災害に見舞われてもそのたびに必ず立ち上がったことを。

ガンバロウ日本!ガンバレ東北!!




長々と見て下さりありがとうございました(。・ω・)ノ゙

誤字があると思いますが気にしないでください。この記事について感想などありましたらコメントよろしくです(σ・∀・)σ




サッカーボーイ(`・ω・´)ゞ








ごめんなさい
しばらく書けなくて済みませんでした

ちょっとPC使えなくて‘

これからはどんどん更新していくのでよろぴく!!

めっちゃ疲れた~
今日はスポーツテストがありました^¥^

おいら朝ダメな方なのに7時半集合とか倒れる~

まぁなんとか持ちこたえたけど5時間目めっちゃ寝むかった~

反復62回
上体起こし38回
この2つが10点でした
ボール投げは32メートルという自己ベスト
満足と悔いが残る結果となりました。

みんなと同じ事しかしてないけど超疲れました。^¥^

また高校でもおいら自身の記録を塗り替えたいです!!

スポーツテスト!!
明日はいよいよスポーツテスト

賞獲れるように頑張ります


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。